富山結婚相談所 お見合い 出会い 婚活サポート キュート 英国屋

婚活アドバイス(男性編)

  • HOME »
  • 婚活アドバイス(男性編)

1.その一言が大事

自分に100%自信を持ってる男性は、少ないかもしれません。
女性だってお化粧で鎧を付けていますが、素顔に100%自信があるかと聞かれれば・・・うつむいてしまうのではないでしょうか?
男性の「どうせ、俺なんか・・・」と口癖のようになっている方、はじめの2~3回は「そんな事ないよ。がんばって」なんて励ましても、口癖のように言われるとかける言葉もなくなります。

謙虚と卑屈は違い、モテる男性は「謙虚」ですが、モテない男は「卑屈」なんですね。
もしも女性から「そんなグジグジしてないでしっかりしたら?」なんて、本音を言われたらモテない男性は心が折れてしまうかもしれません。

しかし、モテる男性は自分の弱ささえも魅力に変えてしまうんです。

モテる男性は、「どうせ、俺なんか・・・」なんていわず「俺も、もっと勉強しなきゃな」や「みんな見てると頭下がるよ」などこの様に話します。

周囲の人と比べる事も、非難する事もせず、周囲の方に感謝して向上する言葉を使ってるんですね。
そんな言葉ひとつで、男性の懐(ふところ)の広さを感じてしまいます。
謙虚さと感謝を知って言葉一つ一つを大切にしてみましょう。
そのたった一言に、女性はときめいたり、気になる男に変わったりするものです。

2.賢くモテる男性はここが違う

例えば、「頭のいい男性が好き」と、いうと以前は「東大?早稲田?慶応?」などといった大学ブランドを聞かれていまし たが、もてる男性の頭のよさは、教科書丸暗記能力や、不可解な数式を解く知識面ではなく、機転に効く頭のよさを言います。

昔から「脳ある鷹は爪を隠す」と言われます。
にわかじこみの知性を詰め込んだ男性は、まるで暗記した英単語を話すように、必死で難しい言葉や、知ったかぶりの知識を自慢したがります。
それを聞いている女性達は、上手に「すごい物知りなんですね~」なんて合いの手を入れるものですから、お鼻が天まで伸びてしまうこともあるのではないでしょうか。

もてる男性の知性は、自慢するためものではありません。
自分の中で完璧に理解してるので、実に教え上手なはずです。
もてる男性は、インプットした知性を、上手にアウトプットして会話を進めていきます。
女性が「わからない・・・」と言えば、実にわかりやすく説明してくれますし、会話の端々に、ちょっとした言葉を入れるのが上手です。たとえば「~なるんだよ。君は頭いいね。」「~という意味なんだ。僕も教えてもらったんだけどね。」

もてる男は、自慢しない知性を持っています。
あなたは、つい「僕もそれ知ってるよ」とか、「そんな事も知らないの?」とか言ってませんか?
モテる男性のように、「爪」は上手に隠してみましょう。

3.選ばれる男性になろう

婚活をすれば誰でもパートナーを見つける事ができますか?・・・それは少し違います。
なぜなら、婚活以前に「個人の問題が解決されているかどうか」という事が結婚には重要になるためです。
つまり、自分自身が女性にとって結婚したい男性であるかが大切であり、結婚したくない男性の条件に当てはまるようであれば、どんなに熱心に婚活を行ったところでその努力は遠回りです。

女性にとって結婚したい男性とは、まず第一に清潔感があること。
この婚活アドバイス記事にも掲載しましたがおしゃれとは別に身だしなみが整えられているかを確認しましょう。
また、容姿と同じく大切なのは性格です。
一番敬遠されるのは自己中心的な性格。。。結婚をした場合、生涯のパートナーになるわけですから当然自分の事、家族の事を一番に考えてくれているかを気にします。

特に相手が辛い時、その悩みに対して親身になって相談に乗ってあげられる男性はポイントが高く、逆に相手の気持ちを理解せずに自分の考えを相手に押しつけるように諭す男性はマイナスです。
結婚をすると家族になるわけですから、相手の問題も自分の問題として解決に取り組むことで、夫婦として共に生きる事ができるのです。
結婚の条件に挙げられている「3手」についても、記事一覧からどうぞご参考にご覧下さい。

4.将来を見据えて

幸せを手に入れるために必要なのは少しの勇気であったりします。
チャンスは自ら求めないと手に入らないのです。
例えば、廊下を曲がっても向こうから女の子がぶつかってきた上、一目惚れされるようなことは現実にはなかなか来ないのです。
恋愛には、いくつかの失敗があるかもしれませんが、それも最後に笑った者が勝ちです。

ビジネス書でもよく言われることですが、成功した者はよく挑戦をし、またよく失敗をしているものなのです。
口にしていない失敗なら誰でも抱えているものです。
あまりガツガツする必要はありませんが、しかしあきらめずにチャレンジをし続けてみてください。

子育てに20年以上もかかり、教育費を負担することを考えれば、あまりに遅い結婚は大変です。
しかし、男性は遅めの結婚でもチャンスが回ってくることがあります。とにかくあきらめはいけません。
あなたのことを理解してくれるパートナーは必ず見つかります。

5.結婚の条件は変わる

10年前までは、「三高」いわゆる高収入、高学歴、高身長が結婚相手の男性の条件と言われていましたが、ここ1・2年は、 「三低」が重要視され、
低姿勢【レディーファースト】
低リスク【公務員、資格保有者などリスクが低い安定した職業】
低依存【束縛しない、お互いの生活を尊重】

に変わったと言われています。

それに加え、「三手(さんて)」が新しい表現となっています。
手伝う【家事や育児への積極的姿勢】
手を取り合う【お互いの理解と協力】
手をつなぐ【愛情】

これこそが女性が必要としている結婚に求める条件なのです。

さぁ、あなたもこの3つのポイントを心に秘め、結婚したら妻を持つ男性として喜ばれる秘訣を今からでも身に付けてみてはいかがでしょう。

6.身だしなみ

婚活の第一歩「身だしなみ」について、まずすべきことは「自分の身だしなみを再確認」です。
自分に合った服・髪型のセンスなどが本当に相応か、また女性に好印象かということを再確認するのは大事な事です。
自分では問題ないと思っている部分が女性にとっては気になるポイントであったりします。
特にスーツを着ているときに外から見えるのは、手や髪、表情です。
爪はしっかりと切り、清潔感のある無難な髪型はとても印象が良いものです。 意識する事で、ご自分に自信が持てるようになれるでしょう。
表情作りには、しっかり顔を洗って、ヒゲの剃り残しはないかの確認が大切です。 出来れば眉も整えて 爽やか笑顔になれるようチェックしてみましょう。

服装についてはいかがですか?お見合いの際はダークスーツをお召しいただきます。
ブランドはあまり頑張る必要はなくて、あなたにサイズが合っているかが重要。
無理をせず、スーツは体にフィットしている事、シャツ・ネクタイ・スーツのバランスが取れていると一層素敵です。 靴下は白よりはスーツに近いお色をお勧めします。

もし、センスに自信がなければ、アドバイザーにご相談いただけると、歴史ある英国屋がコーディネートを致します。
その際は、お見合いやお相手について以外のお話しも弾み、会話の練習にもなると良いですね。
婚活の第一歩「身だしなみ」はやはり外見の第一印象です。

PAGETOP
Copyright © キュート 英国屋 All Rights Reserved.